男の人

生活環境を変えることで女性の薄毛は改善することが可能

発毛効果がある医薬品

メディシン

発毛剤に欠かせない成分

発毛剤は発毛促進成分を配合している、薄毛改善用のアイテムです。育毛剤の場合は化粧品なので、抜け毛の予防はできても発毛までは期待できないものがほとんどです。しかし、発毛剤の多くが医薬品です。医薬品なので、医学的に発毛効果があると証明されている発毛促進成分を配合しています。その発毛促進成分の中の1つが、ミノキシジルです。ミノキシジルには発毛効果があることで知られています。ミノキシジルはもともと血圧降下剤として、高血圧症の治療のために医療現場で使われていました。ミノキシジルを投与された患者の多くに多毛症の副作用が現れたため、1970年代から発毛促進成分としての研究・開発が始まりました。今ではミノキシジルは発毛剤にはなくてはならない成分となっています。ミノキシジルを配合した発毛剤は、医療機関、通販サイト、ドラッグストアなどで購入できます。高濃度な発毛剤が欲しい場合は、医療機関を受診して処方してもらうのがお勧めです。ドラッグストアで購入できるのは、5%以下のミノキシジル入り発毛剤です。しかし、5%でも効果がある人には効果があります。最初から高濃度なミノキシジル発毛剤を使うと、副作用が出る恐れがあります。最初は低濃度のものから使い始めるがお勧めです。特に女性の場合は、高濃度なミノキシジル発毛剤を使うと多毛症の副作用が出ることがあります。女性なら1%程度のミノキシジル発毛剤でも十分効果があります。